投資顧問会社の内容は投資助言業(相談形態、指図形態、一括送信形態、ソフトウェア販売形態)と投資運用業というのがあります。どのような企業が雇っているのか参考にしてください。

不動産投資顧問業は登録された業種

トレーダーズ・ブレイン・マーケットのオススメポイント
↑初心者の方でも安心して利用できる投資顧問です

不動産市場の育成と投資家の保護を目的として定められたのが不動産投資顧問業登録規定です。不動産投資顧問業を営むために登録を行わなければならず、これによって適正な運営が図られると考えられます。2つの種類があり、一般不動産投資顧問業と相互不動産投資顧問業に分かれます。「一般」とは、つまり不動産投資についても投資女権契約に基づいて営業する業務を指します。「総合」とは、投資一任契約を行う業務を指します。つまり、アドバイスを行うのか、それとも実際に投資までを任せるのかによってわけられています。現在のところは登録してもしなくても良いですが、登録していることによって適正な営業ができると考えられます。このようなことから注目を集めていると言えるでしょう。
多くの業者は一般不動産投資顧問業の登録を受けているようです。登録するための条件にはいくつかありますが、まず投資助言のできる知識や経験のあることが求められます。たとえば不動産コンサルティング技能登録やビル経営管理士、不動産鑑定士、弁護士、公認会計士などであれば、知識や経験を有していると判断されます。ほかにもいくつかの登録拒否事由が定められています。
不動産投資顧問業に登録すると、事業年度終了後に営業報告書を届けなければなりません。また、事務所が変わったり、役員が変わったりした場合には変更届を提出しなければなりません。このような制度が定められていますから、登録していない業者よりも登録している業者の方が安心できるでしょう。なお、国土交通省のウェブサイトには登録業者のデータベースがありますから、登録番号などから検索することができますから、さらに安心感は高いです。

■投資顧問会社を知りたいならコレ
投資顧問ランキング -口コミ・評判で投資顧問を徹底比較-
■得する株主優待情報満載
利回りの高い株主優待