投資顧問会社の内容は投資助言業(相談形態、指図形態、一括送信形態、ソフトウェア販売形態)と投資運用業というのがあります。どのような企業が雇っているのか参考にしてください。

大和住銀投信投資顧問でインターンシップ募集

近年注目を浴びている印象がある投資顧問会社ですが、やはり他人のお金を扱う仕事であるという意味においては、非常に責任が重要であることは言うまでもありません。もちろん金融業界であればどんな仕事も特有の責任が生まれるわけですから、それだけに、若い人が経験を積んで将来仕事に生かすという考え方は、本来ならお医者さんや看護師さんなどと同じくらい重要であるといえるはずです。
そういった発想を実践に移した投資顧問会社があります。「大和住銀投信投資顧問株式会社」では、2014年の9月に、なんと、投資顧問業のインターンシッププログラムというのを実施し、インターンシップを実際に募集していたのです。
残念ながら2015年現在では、大和住銀投信投資顧問株式会社のインターンシッププログラムはすでに終了していますが、しかしこれ若い人にとって、あるいは業界未経験の人にとっては非常に有効な企画だったのではないでしょうか。このあたりは、さすがに大和住銀投信投資顧問株式会社だけあるな、というくらい大胆で勇気あるチャレンジであったと言えるでしょう。
もちろん、投資顧問会社は基本的にどこもプロフェッショナルの集団ではありますが、大和住銀投信投資顧問株式会社のような業界トップクラスの実績を残す会社でプロのアナリストとして頑張っている現役金融マンと一緒に仕事をすることができるというのは、これほど貴重な経験もほかにないのではないかとさえ思えます。
こういった、大胆ではあるけれど、斬新な試みを実施するというのは、新しい可能性を生み出すという意味で、非常に高く評価できる動きであったという気がします。もしかしたらまた今後そういった企画が実施されるかもしれませんので、興味ある方は、インフォーメーションに注意しておきましょう。