投資顧問会社の内容は投資助言業(相談形態、指図形態、一括送信形態、ソフトウェア販売形態)と投資運用業というのがあります。どのような企業が雇っているのか参考にしてください。

東京海上日動投資顧問は信頼と義務の完遂を目指している

東京海上日動投資顧問の持つ経営理念は、誠実さを貫く事で、東京海上グループの強みを活かし、国内外の投資家への信頼に応える投資商品を提供しています。
東京海上日動投資顧問にとって、グループの力を最大限活用し、リスク分析とマネジメントの力量を高めていく事が、投資家の信認に応える義務です。
投資家にとって、リスクはマイナスですが、どのように資金を運用していくかを計画サポートするうえで、東京海上日動投資顧問の持つ力を発揮し、投資経験に基づく適切なアドバイスを可能にする努力を実行しています。
東京海上日動投資顧問の特徴は、母体が不動産投資であるという事です。
二つの大きな使命に基づいて実践されています。
人の財産を預かって信頼に応えるのが投資顧問の役割ですので、一つ目は、最良の選択を提供できる事、二つ目は資本市場の健全な発展に尽くすよう努力する事、この二つを全力で実現する事が使命となっています。
このような業務への体制を持ち、変動する不動産ビジネスに欠かせない情報への対処能力を活かしたアドバイスが投資家へ向けて常に発信されています。
また、マーケットレポートを通して、独自のデータベースを活かした国内外市場の分析と調査研究レポートを公開、いつでも投資家が活用できるように情報提供の環境を整えています。
リスクの説明や投資に対する対応をわかりやすく説明、いつでも参照できるように公開しています。
運用実績として、不動産のバリュークリエーターの立場を貫き、機関投資家や年金基金向け不動産ファンドをアセットマネジメントとして組成し、運営しています。
また、遊休不動産を有効に活用する企画を立案し、不動産ソリューション事業を展開しているのが特徴的です。